ブラック企業からの脱出とその後

年収300万から月収300万になるためにやることを書いたサイト

ガンプラ バーザム 発売日 HGUC

バーザムがHGUCとしてガンプラ初登場!!その発売日は?

投稿日:2017年4月4日 更新日:

一部で熱狂的ファンを抱えるバーザムがついに発売!!

「機動戦士Zガンダム」に登場したティターンズ最後の量産機、バーザムがついにHGUCとして発売!!1985年の放送以来、初のキット化で、一部の熱狂的ファンだけでなく、否が応でも期待が集まります!!

参照元:https://bandai-hobby.net/item/1937/

そもそもバーザムって何?

私もガンダムMk-IIの量産機って事くらいしか知らないので、ガンダムペディアさんのお力を拝借!!

グリプス戦役におけるエゥーゴとの戦闘激化に伴い、ティターンズの絶対的なMSの配備数は不足することとなった。また、可変モビルスーツなど機動力・破壊力の高い試作機群を次々と戦線に投入してはいたが、これらは高度な操縦技術を要し、機体によっては強化人間しか扱えないなどで、一般兵が乗りこなすことができる主力量産機はマラサイまでに留まっていた。

そこで次期主力MSとして生産性の高い機体の開発が求められた。しかし、この要求は急務であったため十分な開発期間を確保することが出来ず、既存のMSの設計を基にして進められることとなった。そこでティターンズ技術陣は、純粋な地球連邦軍の技術のみで開発したガンダムMk-IIを基に簡易量産型の機体を開発する案を提出した。この案は採用され、旧ジオン公国軍系スタッフの手によりニューギニア基地で完成した(4番目の開発コード)。完成した機体はガンダムMk-IIの設計思想を引き継いでいるため機体性能は高く、同程度の性能を持っているといわれる。また他のMSのオプションも使用出来、高い互換性を有している。しかし、生産性を優先したため、過度な機体構造の簡略化の結果、そのフォルムは既存のMSのそれとは大きく異なっている。

頭部に配置されたメインカメラは(上記と矛盾するが)ジオン系技術者の影響もあり、モノアイシステムを採用している。胸部装甲は2重構造となっており、パイロットの安全性を考慮した設計となっている。上腕部にはマウントラッチが設置されている。カカト部の独特なヒール構造はガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]での運用試験を経て採用されたものである。なお、腹部・腰部は胸部と一体化しており、五角形の胸部下端から直接両脚が生えたようなデザインである。
固定武装は前腕部に内蔵された2基のビームサーベル。使用時には前腕部アーマーがスライドし、サーベルが射出される。専用のビームライフルはラッチを介して腕部にマウントするタイプのものであるが、場面によっては手持ちで扱っており、またその大きさも一定していない。一方、頭部にはバルカンポッドを側頭部と後頭部のラッチを介して装着可能である。これは外観こそガンダムMk-IIのものとは異なるが、基本構造は同一のものである。非公式の武装には本機のデザイナー・岡本英郎デザインの手持ち式グレネードランチャーがある(モデルグラフィックス別冊「プロジェクトZ」より)。その他、既存のMSの兵装も運用することが出来る。

本機は主にニューギニア、要塞ゼダンの門、小惑星ペズンなどに配備された。しかしながら、本機の投入はグリプス戦役末期だったため時既に遅く、大きな戦果を得られないまま終戦を迎えた。また、機体構造が既存のものと異なっていることもあり、本機からの直接的な後継機の存在は確認されていない。

量産機としては、なかなかの武装を備えており、流石、ティターンズ最後の量産機だけの事はあります!!

参照元:http://ja.gundam.wikia.com/wiki/RMS-154_%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%A0

HGUCとしてのバーザムの出来栄えは?

さて、この機体をバンダイさんは如何にキット化しているかとみると。

プロポーションは、あの独特なフォルムが忠実に再現されているようですねぇ♪

可動範囲も肩部分の前後・上下への可動が可能で、なかなかの可動範囲ではなかろうか!!

武装は設定集にあるような、グレネードランチャーは付属していないようです。

バーザム、気になる発売日は?

発売日  :2017年5月予定
参考価格 :1,620円(税込)

今から発売が待ち遠しいですねぇ。

【詳細】

『機動戦士Zガンダム』より、衝撃のキット化!
ティターンズ最後の量産機“バーザム”出撃!

■最新フォーマットのプロポーションでキット化!
特徴的なMSデザイン、背部バーニアも再現

■多彩なポージングを可能にする広い可動域
肩部分の前後・上下への可動が可能。
ボールジョイントパーツの使用で、前後可動が可能。

■細部までこだわった色再現
モノアイはクリアパーツ。胸、腰の黄色ラインなど細部まで
こだわり、機体のカラーリングを再現。

■豊富な武装が付属
特徴的なビーム・ライフル、バルカン・ポッド・システムやビーム・サーベルなどが付属。

さらに「HGUC ゼータガンダム」との対決ディスプレイで劇中シーンの再現も可能!

【付属品】
■ビーム・ライフルx1
■ビーム・サーベルx2
■バルカン・ポッド・システムx1
【商品内容】
■成形品x8
■シールx1
■取扱説明書×1

 

-ガンプラ, バーザム, 発売日, HGUC

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした